中古ドメインの購入方法と購入後の活用手順

やっほー、空条たろうですー。

この記事では、自分で中古ドメインを調べて入手する方法を紹介します。
それから、その後の中古ドメインの活用法についても解説します。
この記事は、こんな事が知りたいアフィリエイターにおすすめです。

・「販売業者を介さず、自分で安く中古ドメインを入手したいんだけど・・・」

・自分で中古ドメインを入手する時の、デメリットや注意点は?

中古ドメインは、購入すれば、中古ドメイン販売サイトの手数料等が
上乗せされて高額になります。

自分で調べて入手すれば新規ドメイン価格と同じです。
しかし、最安値で買える反面、選定方法に失敗し手動ペナルティ付きの
中古ドメインを手にする羽目になってしまった。
あるいは、ドメインの選定に膨大な時間が掛かることもあるため、
その辺の時間コストやリスクも考慮した上で、参考にしてしてもらえたらと思います。

 

 

中古ドメインを自分で調べて格安で購入する方法

世界中の中古ドメインを検索するには、全世界のウェブサイトを巡回して、
リンク切れを探したり、期限が切れたドメインをピックアップして、
加えて更にSEO対策に効果的な中古ドメインを発見するというのは、
クローラーでも作らない限り、無理です。

そういうわけで、中古ドメインを検索できるツール
expireddomains.net」(エキスパイアード・ドメイン)が開発され公開されているので、
上手く扱えると中古ドメイン検索が出来ます。

 中古ドメインの購入方法と購入後

無料で使うことができる「expireddomains.net」について案内していきます。

expireddomains.netというのは、GoDaddyオークションドメインや期限が
切れてドロップされたドメインをTLDやバックリンク数、Majesticのトラストフロー等の
条件を入力して調べることが可能な無料のツールになります。
現時点で、日本語は非対応ですが、ちょっとだけ英語が分かれば、感覚的に操作することも可能です。
また、分からない英単語があれば、検索で翻訳すれば良いだけです

「expireddomains.net」には、相当なドメイン数が出ますが、
中古ドメインによっては、かなりの高確率で手動ペナルティ付きの中古ドメインとなってることもあります。
なので、ドメインの目利きが全然できないアフィリエイターや
ドジを踏みたくないアフィリエイターはご注意下さい。

参考記事

購入した中古ドメインのペナルティ有無を簡単に調べる方法 

自分自身で探すことで、SEO効果が高い中古ドメインを発見できることもあります。
これをドロップキャッチと言います。

 

しかし、信頼できる中古ドメイン販売専門サイトで購入した方が、
結果的に早くSEOに効果的な中古ドメインを手にすることが出来るケースがあります。

ドロップキャッチするための「.netドメイン」を一つの例に検索してみましょう。(※画像をクリックすると、拡大します)

中古ドメインの購入方法と購入後

会員登録が完了したら「Delete .com」のタブをクリックし、「Archive2020」を選択します。
これは根拠が無い限り、新しい年を選択しておいて損は無いと思います。
ちなみに1,114,467件がアーカイブされていると表示されています。

ドロップくキャッチできるドメインの一覧が出てきました。
中古ドメインの購入方法と購入後

条件で絞らないと、かなりの数が出ますので、これから条件を付与していくことになります。
検索条件はとても多いので、自分の目的に合った条件を入力してください。
最初は厳しめに入力して数が出なかったら、段々と緩めていくのが良いです。

SEO目的で探すなら、付与すべき条件は以下の通り。

  • Majestic TF/CF
  • バックリンクドメイン(IP)数
  • TLDの種類
  • インデックス済みページ数
  • アダルトサイトの除外

    等、この辺は検索条件に含めておきたいですが、この検索条件で絞ったからといって、安心はできません。


    条件検索は正直、気休めくらい思っておきましょう。

     

    サイト効果薄るまでのステップ

    次に中古ドメインを入手した後の活用方法について解説。

    今回は、6つのステップを元に、取得した中古ドメインを使って
    サイトを公開するまでの手順を案内します。

    ステップの内容は、次の通りです。

    1.サーバーの準備と設定
    2.ワードプレスのインストール
    3.SEOを意識した設定
    4.記事入れ
    5.サイト公開

    ※ ワードプレスでサイトやブログ運用しているのを想定しています。

     

    1.サーバーの準備と設定

    サイトやブログをインターネット上に公開する時に利用するサーバーの準備をします。
    サーバーを貸し出す「レンタルサーバー」のサービスを提供する会社は、国内で多数あります。

    レンタルサーバーの中には、エックスフリー等の無料で借りれるサービスもありますが、
    本業の意識で本格的にサイト運営をするなら、制限があったり低質な無料サーバーより、
    機能が充実している有料のレンタルサーバーを利用した方が良いと思います。

    レンタルサーバーを選ぶ時には、高機能なサービスを提供してるものを選んで下さい。
    SEO対策で検索結果の上位表示したいなら、サイトやブログをちゃんと表示させることが基本です。

    サイトのページ表示速度が遅い場合は、訪問者のユーザビリティにも良くないですし、
    グーグルやヤフー等の検索エンジンがサイト内をクロールしにくくなります。

     

     

    中古ドメインとサーバーの紐付けをする

    サーバーの準備ができたら、取得した中古ドメインと紐付けの設定をしていきます。
    そもそも、ドメインとサーバーの紐付けしないと、
    サイトやブログをウェブ上に公開することができません。

    分かりやすく言い換えれば、住所(=ドメイン)とその土地(=サーバー)を紐付けることで、
    その土地に住所が割り当てられ、そこに読者が訪れることができるようになります。

    この中古ドメインとサーバーの紐付けをするには、ドメイン登録・取得サービス側で
    ネームサーバー設定。サーバー側でドメインの登録・追加をするの2点の作業が必須です。

    ネームサーバーの設定

    ドメイン登録・取得サービス側でネームサーバーの設定をします。
    ここでは、ドメインを取得したレジストラが「お名前.com」だったと仮定します。
    ネームサーバーは、「DNSサーバー」とも言われていて、
    WEBサイトやメール等を使うために必要なものです。

    ネームサーバーは、それぞれのサーバーごとに指定しているネームサーバーがあります。
    それぞれのサーバーが指定しているネームサーバー情報は、
    サーバーの公式サイトに情報が載っています。

    利用しているサーバーが指定しているネームサーバー情報が分かったら、
    お名前.comからネームサーバーの設定を行っていきます。

    利用しているサーバーがエックスサーバーの場合、Pure Domainから
    ネームサーバーの設定を行う方法を別記事に解説しているので、下記リンク先をご覧ください。

     

    ドメインの登録・追加

    サーバー側でドメインの登録・追加をします。
    使っているサーバーによってドメインの登録・追加方法は違いますが、
    ”サーバーパネル”や”コントロールパネル”といった名称のアカウント情報が
    サーバー契約時に与えられるので、それらの機能を使って中古ドメインの
    登録・追加をできると思います。

    ドメインの登録・追加方法が分からないというアフィリエイターは、
    使用しているサーバーの公式サイトに情報が案内されているので、そちらをご覧ください。

    エックスサーバーからドメインの登録・追加をする方法については、
    別記事に解説しているので、下記リンク先をご覧ください。

    https://communityserver.org/contents/3268

     

     

    2.ワードプレスのインストール

    サーバー周辺の設定が済んだら、続いてワードプレスのインストールをしていきます。
    ワードプレスはSEOに特化した機能の多いため、
    サイトやブログをSEO対策するならワードプレスの利用をオススメします。

    ワードプレスのインストールは、サーバーからサクっとインストールすることが可能です。
    詳しくは、契約中のサーバーの説明をご覧ください。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    「読んでくれた証に、ポチッと押してくれたら喜びます^_^」