バツイチの男性ですが30代の時に家庭を持っていました。
友人の紹介で知り合った女性と2年間の交際を経て結婚をする事になりましたが、
正確には同じ会社の一員でありましたので、
式には会社の社長が出席をする規模の大きい物になりました。
社員一同で祝ってくれましたし妻も含めて同じ社員でしたので、
温かい祝福の中で門出を祝ってくれました。

マンションを購入して新生活が始まったのですが、
結婚2年目を迎えた時に家庭内に亀裂が入ってしまったのです。
妻にはわがままな一面があり結婚前から分かっていた事なのですが、
結婚を機にさらに要求度が増してしまい自分の意見を強引に押し通すようになりました。
始めは大目に見ていた為に許していたのですが、
我慢の限界に達してしまい始めての大喧嘩をしてしまったのです。
妻は実家に帰ると言い出し、
飛び出してしまったのですが、
3日後に両親に連れられて帰宅をして謝って来ました。

表向きは解決をした様に見えたのですが、
徐々に別行動を取るようになってしまい
家庭内別居の状態になってしまいました。
寝室も別々になりましたし、
なるべく顔を合わさないように時間差で洗面所を使う事もありました。
食事は妻の義務として作ってくれましたが、
食事が済むと自分の部屋に篭ってしまい顔を合わさないのです。
同じ屋根の下に居る同居人と同じで夫婦の役割を果たしていないのですが、
その状態の中でも離婚を考えた事もありませんし、
いつかは元通りになると信じながら暮らしていました。

ですが妻の行動に不信感を抱く様になり、
もしかして男が居るのではと思う言動が見え始めたのです。
家の電話が鳴り妻が電話に出たのですが受話器を片手に自室に篭り出し、
なにやら話をしているのです。
友人と話しているのだろうと思いましたが、私が電話に出るとワン切りをされてしまい、
意味不明な無言電話が掛かるようになったのです。
妻が出ると普通に話し出し
私が出るとワン切りの日々が続き納得の行かない事が続きました。

やがて妻が家を空ける事が多くなって行き、
休日の度に外出をするようになって行きました。
学生時代の友人に会いに出かけると言ったり
料理教室に出かける等、
さまざま理由を付けて出かけていましたが、
やがて外泊をするようになり留守をする機会が増えて行きました。

もしかして男がいるのではと思っていた所、
友人からの忠告で妻が浮気をしている事を知らされました。
学生時代の同級生の男だったのですが
出かけては男の家に行っていたそうです。

ワン切りの電話も例の男で間違いが無いですし、
これで、全ての疑問が繋がり理由がわかりました。

もう、この時点で彼女と一緒に生活をして行くのは無理だと感じましたし、
お互いに不幸になりますので離婚をする事になりました。
会社で知り合った妻でしたので皆には言い難いですし、
社長も温かく祝ってくれた手前上しばらくは隠していたのですが、
中々言い出せずに辛い日々が続きました。
ですが思い切って離婚をして良かったですし
新たな人生を歩み出すきっかけになりました。