もしもあなたが結婚パートナーに浮気された場合、浮気相手から慰謝料を取ってやろうと考えるでしょう。
しかし慰謝料を取るには、結婚相手と浮気相手のあいだに間違いなく浮気の関係が証明できる証拠が必要になります。どれだけ当人同士の不倫関係が疑わしくても、
はっきりとしたそれを証明できる証拠がなければ慰謝料を請求することはできないのです。

一般の素人がそういった証拠を自力で揃えるのは無理だと思ってください。
それに相手も馬鹿じゃありませんから、あなたが浮気の証拠をつかもうとしていることを事前に察知してしまいます。

そんな時に頼りになるのがその道の専門のプロである探偵になります。
探偵に依頼すればたとえ裁判であっても有利に立つことができる強力な証拠を揃えてもらうことができます。これは一般人にはとても無理なことです。

浮気の慰謝料の金額の相場というのは 数十万円から数百万円というのが一般的な相場になります。
こんなにも金額に開きがある理由は、 たくさんあるのですが、
大きな理由はその浮気によって、夫婦が離婚するに至ったか、
または離婚にまでは至らなかった場合で大きく慰謝料の金額に違いが出ます。

また、提出する浮気の証拠によっても金額が変わります。
浮気の証拠が強力なものであればあるほど請求できる慰謝料の金額も大きくなります。

結婚相手の浮気行為は絶対に許せない行為なのですが、そんな浮気相手から可能な限り多くの慰謝料をとりたいと考えるのが普通の心理ですよね。

慰謝料の請求額を増やすポイントは、浮気調査による証拠です。
不倫や浮気行為というものは証拠を見せることで初めて浮気が立証できます。
要するに結婚相手や浮気相手に有無を言わさず浮気した事実を認めさせることができます。

これによって初めて相手から慰謝料をとることが可能となります。

浮気の慰謝料の請求の仕方

1 浮気の証拠を集める
これが一番大事です。そして浮気の証拠を集めるのは、消して自分でやろうと思わないことです。絶対に失敗します。
浮気の証拠集めは、その道のプロである探偵に依頼するのが一番です。
確実な証拠を集めてくれるでしょう。

2 請求金額を決定する
浮気によって被った精神的苦痛や経済的損失を判断し請求する慰謝料の金額を決定します

3 慰謝料の請求の仕方を決定する
請求の仕方は電話での口頭かメールになります
どちらかの方法を選びましょう

4 実際に慰謝料を請求する

探偵に集めてもらった浮気の証拠を元に慰謝料を請求します。
相手が誠実な人物であれば素直に請求金額を支払ってくれます。

5 示談書を作成する

慰謝料を受け取ったら、今後は浮気しないことやこの件に関して、
後からぐだぐだといざこざを起こさないようにするための示談書を作成します

一般的な慰謝料の請求の仕方の流れは以上のような感じです。
ここまで読んでもらえればわかってもらえるように一番重要なポイントは
どれだけの有効な浮気の証拠が揃えられるかどうかにかかっています。

 

⇒ 証拠が見つからなければ0円!予算に応じた探偵社をご紹介します

 

浮気の証拠集めには探偵に依頼することが一番の近道です。
調査料金を気にするかもしれませんが、後から同棲慰謝料で賄えますので安心してください。