会社員をしている男性ですが社内恋愛で出会って結婚をした妻がいました。
結婚をするにあたって祝福をしてくれた人もいたのですが、
反対に結婚は止めた方が良いと言う意見も合ったのです。

妻を以前から知っている友人が数人いたのですが、
私とも交流がありましたので妻の事を色々と聞かされていました。
男性との付き合いも多く付き合っては直ぐに別れてしまい、
良い男性を見つけると平気で彼氏を裏切って浮気をすると言うのです。

実際に私と知り合った当時も妻には付き合っている彼がいる状態だったのですが、
彼氏がいるにも関わらず私の元に歩み寄って来て交際が始まって行ったのです。
お付き合いを始めた当時に彼女の彼から連絡があり、
手を引くように言われたのですが、
もう既に将来を考えたお付き合いをしていましたので引く事はできませんし、
数年後には結婚をするつもりでした。

周りからは直ぐに別れて続かないだろうし、
地獄を見て大変な事になると言われた事もありましたが、
それは過去の事であって結婚を機会に彼女も変わってくれると信じていました。

その後、会社の同僚達を呼んで盛大な結婚式を挙げたのですが、
一部の人間からは直ぐに別れるので捨て金だと言われた事もありました。
人に何を言われようが自分の大切な妻でありますので一生離さない決意がありましたし、
妻を信じて結婚をしましたので嫌な噂は耳に入れないようにしていました。

その後、二人で暮らす為にマンションを購入したのですが、
20年のローンを組んでの購入ですので一生懸命働きましたし、
家庭を守る為に毎日仕事に明け暮れる日々が続きました。
やがて仕事の成果が認められ役職も上がって行きましたし、
部長まで登りつめていく事が出来たのです。
役職が上がると給料も上がりますし、それと共に責任感も増してきますので、
仕事の内容も厳しくなって行きました。

勤めていた会社には全国に支店が多く存在をして居た為に、
地方に技術主任として派遣される事が多くなり、
度々家を空けては全国を飛び回る事になりました。
最低でも3日は家を空けていましたし、長い時には2週間程地方の支店に出向いていたのですが、
久々に家に帰るといつもと違う雰囲気に気が付いたのです。

玄関を開けるとタバコの匂いがしており部屋中がニコチン臭いのです。
私は過去に吸っていた事がありますが既に止めていましたし、
妻も一度も吸った事がありませんので誰かが吸ったのは確かでした。

そこで妻に誰かお客さんでも来ていたのかと訪ねた所、
学生時代の女友達が遊びに来ていたと言ったのです。
長い間一人で家の面倒を見てくれていましたし、
寂しさを紛らわすのは仕方がありませんので、
その点に付いては何も問題がありませんでした。

その後も何回か地方に出かける事がありましたが、
帰宅をする度にタバコの匂いがしており留守の間に人を呼んでいた事は明らかでした。
その後、妻と共通の女性友達と話す事が合ったのですが、
真実を聞かされて愕然とする事態になってしまったのです。
実は私が出張で家を開けている間に男を家に招き入れて、
3人で話したと暴露をしてきたのです。

女性友達は夜遅くに先に帰ったそうですが妻と男性が二人っきりになり、
朝まで一緒に過ごしたと聞かされたのです。
信じられない事実でしたし、まさかそんな事がある訳は無いと認めたくなかったのですが本当の話でした。

そこで気になった事があったのですが、それはタバコの銘柄です。
その男は何を吸っているのか聞いた所、キャスターの1mgだと教えられました。
ゴミ箱を見ますといつもキャスターの吸殻が捨ててありましたので、
私が居ない時に何回も家に呼んでいた事が動かぬ証拠になりました。

そこで妻に問い詰めた所、始めは3人で喋っていたと誤魔化していましたが、
やがて寂しかったので呼んだと認めました。
今までに男性を呼んでいるとは聞いた事もありませんし、
女性友達だと言っていましたので嘘をついていたのです。
その嘘も許せませんでしたしニコチンで壁が汚れるので呼ばないで欲しいと言ったところ、
家を空ける方が悪いと言い出し大喧嘩になってしまいました。

私は家を守る為に働いている訳ですし、
妻に快適な暮らしをさせる為に借金をしてマンションのローンを払っているのです。
その事をきっかけに夫婦仲が悪くなってしまい家庭内に険悪な雰囲気が流れました。

その後も私が居ない間に男を家に呼んで浮気をしていたのですが、
こんな状態で夫婦としてやっていける筈も無く結婚生活は3年で幕を閉じました。
結婚をした時には周りから浮気癖があるので止めておけと反対をされていましたが、
実際にこんな事になるとは夢にも思いませんでした。

離婚をしたのでマンションに住んでいる意味が無くなり売却をしましたが、
残りのローンだけが残った最悪な結婚生活でした。