以前、わたしはお付き合いをしている男性のほかに、
もう一人の人に好きだと告げられて浮気をしてしまった経験があります。

もちろん、浮気をするつもりなんてなく、真剣なお付き合いでした。でしたが、20代の
あまり経験のないときだったので、どんな人と結婚するのか、なるべくなら早く結婚相手
を見つけたいというおもいから焦りがあったのかもしれません。

同時進行して、結婚するかもしれない人を見つけたら、その一人にしぼるという最低な
考えがどこかにあったのです。

また、そんなに男性経験がなかったのもあったので、好きだと言われると、お断りする
事自体が申し訳なさすぎて断れないというバカな考えもありました。

浮気をした相手のかたは、職場の上司でした。
初めて見たときは、とても仕事の出来る
みんなに信頼されている上司という印象です。
まさか、プライベートで一緒に飲める日がくるなんて夢にもおもっていなかった人です。

その人に付き合えないかなと、声をかけられたのです。もう舞い上がってしまって、
正直にいうと、自分が誰かとお付き合いしていることも忘れてしまうくらいでした。

今思っても最低なことですが、気持ちがとめられませんでした。もちろん、それなら
お付き合いしている人と別れれば良いじゃないかということも親友に責められたし
それも考えたのですが、ずっとお付き合いしている彼は、私がいなくなると本当に
死ぬといって、一度首をつって自殺未遂をしてしまったことがあるので、簡単には
別れることはできない相手だったので、最低だとわかっていますが、浮気という形
を選んでしまいました。

浮気相手の彼とは、会社の帰りに会うことがほとんどだったし、もともと残業の多い
仕事をしていたのもあって、全くあやしまれませんでした。

私は夢見心地になってしまっていました。どんどん浮気相手に自分の心がとりこに
なってしまって、お付き合いしている彼のことはほとんど好きではなくなってしま
っていたのです。

会うたびにとても罪悪感はあったのですが、好きの気持ちが抑え
られなくて、どうしようもないのです。もうお付き合いしている彼に打ち明けて、
はっきりと別れるべきかも毎日毎日悩みました。

その日々が続いたある日のことです。浮気相手の彼が、浮気をしていることに気づ
いてしまったのです。

自分も浮気していたのですが、
その相手が浮気をしていたと、知ったときは血の気が引いて、
人生最大の日だと思いました。

辛かったですが、浮気相手とは半年かけて別れました。