まだSNS黎明期ぐらいの頃、
SNSと言えばmixiぐらいの時だった頃に浮気を繰り返していたことがあります。
だって出会いないですから。とはいえ、彼女はいたのです。
地元専門学校時代からの彼女と一緒に上京していました。
けれど同棲はしていなくて、同じ駅周辺の近所で別々に暮らしていました。
しかしそれでも浮気の虫はうずくんですよね。

というかSNSで思いの外モテてしまって、それで浮気心に火がついてしまったんです。
東京に出てきたのにも関わらず、ほぼ会社と家との往復
で交友関係も広がらないさびしさもあって、
SNSではっちゃけてしまったのかも知れませんね。
今にして思えば。

彼女は同じ駅周辺に住んでいたものの会う約束をして会わない限り、
普段は見かけもしないものでしたからね。
これが自分たちの地元の話ならばそうはいかないものでしょうけれど、
そこは「さすがの東京」です。人が多すぎますし、滅多にバッタリとは会わないのですよね。
それにお互いにインドアでしたから。

ですからSNSナンパでつった女性との浮気も主に自分の自宅アパートでしていました。
「彼女にバレないの?」と思う人もいるでしょうけれど、バレないんですよね。
家に入ってしまえばわからないですし、
それに「突然相手の家に行く」というマナー違反なことをしないカップルでしたからね。
節度をもって付き合っていましたので、
ですからこそ安心して浮気ができてしまっていたのかも知れません。

けれども僕の悪いところで、浮気相手とも「浮気」として付き合ってはいなかったんですよね。
「恋人」として付き合っていました。したいという目的はあったのですが、
そこに持って行くまでが下手で、それでいい加減なことができなくて、
「付き合ってから」という形にしてしまっていたのですよね。
ですから結局、彼女も含めて三股で半年以上同時進行していたこともあります。

学生ではなく社会人だということもあったのですが、
自由に使える時間が限られていますから、意外とやっていけるものなのです。
これで学生の頃のように時間があるのでしたら、
「なんで帰ってから電話してくれないの?」とかいう
要求だって出ていたことでしょうけれど、しかし社会人ですからね。

ですから「仕事が忙しい」がすべての切り札になるわけですよ。
そして多忙につきで自然消滅の流れにもっていけますので、
社会人になってからの方が浮気がしやすいなんてことも感じていました。

でも、今の時代は大多数の人がSNSを警戒するようになっていますので、
SNSを使っての出会いはないに等しいでしょうけれど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
「読んでくれた証に、ポチッと押してくれたら喜びます^_^」