20代後半、私は会社の寮に住んでいました。
独身寮と社宅を兼ねた大きな寮で、50人以上が住んでいます。
そんな私が住んでいる寮に、同期のY君が入ることになりました。
人事異動で、他県から引っ越してきたのです。

同じ寮に同期がいなかったので、私はY君が来ることが楽しみでした。
引っ越してきた日に近所を案内し、ご飯を食べに行きました。
Y君は「初めての異動だけど同期がいるから安心だ」と嬉しそうにしていました。
私には学生の時から付き合っている彼氏がいます。
結婚の話も出ていますが、仕事が落ち着くまで待って欲しいと言われ、保留中です。
私はサービス業をしていて、土日休みの彼とは休みが合わず、デートは月に1回でした。
休みの日が不規則で、友人と休みを合わせるのも難しく、1人で過ごすことがほとんど。
けれど、Y君が異動してきてからは、Y君と過ごすことが多くなりました。

仕事終わりにご飯に行ったり、休みの日にショッピングモールに行ったり。
そのうち、お互いの部屋でお酒を飲むようになりました。
何度かそんなことをしているうちに、なんとなく男女の関係になってしまいました。
1回きりにすればよかったのですが、お互い体の相性が良く、関係は続きました。
最初はセフレのような感じだったのですが、次第に気持ちもY君に傾き始めました。
実はY君は細身で背が高く、顔も私のタイプ。
服装はいつも流行をさり気なく取り入れていて、とてもさわやかな感じです。
同期の中でも仕事が出来るY君にこっそり憧れていた私は、内心嬉しく思っていました。

彼女のいないY君は本気になってきて、「好きだよ」「愛してる」と言います。
「あまり会えない、結婚を待たせる彼氏よりも、俺にしなよ」、と言われました。
私もそんな気がしてきて、彼氏には「仕事が忙しいから」と連絡しなくなりました。
この時には、Y君とは週に3~4回お泊りをして、休日はデートや旅行。
同じ寮なので、いつでも会えるし、バレても困らないからと、やりたい放題でした。
そんな時に彼氏にプロポーズされました。
私は悩みました。
Y君と会えなくなることが考えられなかったからです。

悩んだ末に、私は彼氏と結婚することにしました。
Y君は反対しましたが、最終的には納得して、祝ってくれました。
でも実はY君との関係は終わっていません。
数か月に1回「同期にあってくるね」と夫に嘘をついて、Y君に会うことがあります。
後ろめたい気持ちはありますが、夫との生活で満たされない気持ちもあるのです。
それをこっそりY君に満たしてもらい、円満な家庭を築いています。