私の浮気相手は私よりも6歳年下で、夫よりも3歳若い男性です。
結婚前のエピソードです。職場恋愛で付き合っていた彼がいました。気に入っていた長所は優しい性格であるところ。

でも、そんな彼との出会いは最悪の印象で彼は仕事の容量が悪かったのです。
自覚を持って努力を行っていればそれも許容範囲です。でも彼は根っからのナルシストぶりで仕事を進めたり他人と接していました。
例えば、お客さんが居ても自分が関わりたくないと無視をするということもありました。一方では興味のある人には積極的に関わっていくという風なスタンスです。

これではプライベートは良くても、職場では許されません。
明らかに周囲からういている彼でした。
付き合い出したきっかけは、彼が私になついてしまったことがきっかけでした。

私からみればうさぎの赤ちゃんのような彼ですが、優しさという株を購入して付き合うことにしました。
しばらくして、職場に彼よりも3歳若い研修生が入社しました。

控えめで真面目、容量が良い新人の彼と気が合ってしまいました。
職場で共にいることが多い新人の浮気相手でしたが、お付き合いしている彼はなにも気が付いていないようでした。
浮気相手の彼は、容量が非常に良く強かで、職場内では一切周囲に関係をほのめかすことはありません。

主に夜に夜景を見に行ったり、食事を楽しんだあとにお泊りすることもありました。
ところが、体の関係を持った頃から浮気相手の様子が変化したのです。
私は、これは飽きられたのだなと悟りました。

それから自然消滅した浮気相手のことは彼氏が知る術もないと思っていました。でも、ある日のこと彼氏から体の関係を求められてしまいました。
実は浮気相手とは関係がありましたが、彼氏とはまだ肉体関係は持っていませんでした。彼氏はプラトニックラブの関係のまま求めてこないので、そのまま付き合っていたのです。

急に求めてくるなんておかしい。と思いました。我慢していたのか計画的かどちらかわかりませんが、いずれにしろ、問いただしてみました。
どうして今まで何もなかったのかと。

案の定、彼氏は職場の新人から私と関係があったことを告白されたそうです。
新人君は私と彼氏の関係は知っていたのですが、黙っておくという約束でした。
裏切られた気分でしたが、新人君に手を出したのは私の方なので仕方ありません。うぶな彼氏よりもよっぽどノリが良くて楽しかったのです。

擦れた男性ならば別れを切り出されていると思いますが、彼氏の反応に思わず母性本能がくすぐられてしまいました。
普段わたしと呼ぶ彼が、僕のものだからと言ったのです。
不思議と男性として認めていなくとも、このときばかりは関心しました。母性が動くと体の関係も持てるものです。
初めてラブホテルへ連れて行ってあげました。私は、耳と頬を真っ赤に染めている彼に対して、こんなことで喜ぶなんてと人間的に興味がありました。