結婚して同居をはじめて2年目で夫に浮気された時の話です。
彼とはもともと職場が一緒で付き合うようになってから彼が暮らしていた
家に私が転がりこむ形での同棲のスタートでした。
同棲して2年目に彼が転職することになり、その機会に籍を入れました。

もともと同棲を始めた時の家も主人が前の彼女と同棲していた部屋で、
その彼女も以前は同じ職場の人でした。どうも彼の場合職場の人と私
も含め付き合うことが多いようで、転職の際に若干そういったことの
不安もあったものの結婚したことであまり心配はしていませんでした。

彼の仕事はレストランのシェフだったため結婚指輪も普段はせず、
結婚式も転職したばかりで金銭的に余裕のないということであげていませんでした。
そのため彼が、自分から結婚していることを言わない限りは新しい職場の
人にはわからなかったのですはないかと思います。始発の時間から終電近くまで
働いて休みも週1日しかなくへとへとで帰ってくることが多く、
すれ違いの生活でしたが仕事に慣れるまではあまり騒がないようにしようと思いそっとしておきました。
終電を逃して職場にとまることが何度か続き、
純粋に始めは仕事だと信じていたのですが主人の誕生日近くに彼の
かばんから手紙のようなものがはみ出しているのを見つけてしまいました。

どうみても女もののメモ用紙だったので、悪いと思いながらもみてみると
『また来年も一緒にお誕生日のお祝いができますように』といったような
内容で女性の名前が書いてある手紙でした。見てしまった以上放置はできないと
思い帰ってきた主人に話を聞くと、相手は職場の出入りの花屋さんで先日告白を
されてお菓子のプレゼントをもらいその中にこの手紙が入っていたということでした。

もちろん結婚していると断ったというのですが、文面からして付き合っているのではないかと
問い詰めましたが否定されました。信用できなかったのですが、
仕事で疲れている彼をあまり問い詰めることもしたくなかったので、
その彼女には再度きちんと断るようにと約束をしてその時は終わらせました。

主人が平日に急にシフト変更で連休がとれたので実家の宮城に一人で帰省することになりました。
私が土日休みで一緒に休みをとれなかったので一緒に帰省はしませんでした。
その後日彼の財布から女の子とのポラロイドの写真ができてきて、
なにかお店でのイベントで撮ったもののようで日付が帰省していた日のもので
渋谷店の名前まで書いてありました。さすがに主人に話しをきくと手紙の彼女に
結婚していることを黙ってやはり付き合っていたそうで帰省の日も日帰りで
宮城まで帰りその夜に戻ってきて彼女と過ごしていたそうです。

実家に帰った日の浮気でしたので向こうの親にも話をして彼女とは別れさせました。
主人とは結局はその後不倫以上に仕事を寝坊して休むことや転職を
繰り返すことでついていけなくなり別れました。