こんにちは。「空条たろう」です。

このページでは、リライト記事作成ツール、
メインサイトリライター(MSR)でリライトした記事は、
グーグルから、ペナルティを受けるのか?について解説したいと思います。

メインサイトリライターというのは、文章をリライトすることで、
あっさりとオリジナルの文章が作れるツールで、
サイトアフィリエイト等の文章作成する上で、
圧倒的な時間短縮ができることが出来ちゃいます。

メインサイトリライターのアピールポイントとして、大きいのが、
他の無料のリライトツールのような、安易なリライトツールとは、
一線を画している単語・助動詞単位で変換できる高次元リライトツールなんです。

だから、常識のレベルで、記事内の単語や助動詞を変換(リライト)すれば、
ペナルティを受けるような記事になることは、まず無いです。

ちなみに、僕はメインサイトリライターを使って、今まで、数百記事を書いてきましたが、
ペナルティを受けたことは、一度もありません。

ペナルティになるか否かに関しては、実際に使用してみて、
ペナルティを受けない限りは、 確かなことは断言できないですが、
記事の一致率が低いのならば、
グーグルにコピーコンテンツと認識されることは無いと思います。
その点は、大丈夫なので、ペナルティが心配な方は、安心してください。

「一括変換」機能でペナルティは受ける?

そして、メインサイトリライター(MSR)のもう一つの大きな特徴として、
こちらの販売ページを見たら分かるように、「一括変換」の機能があります。

「メインサイトリライター ペナルティ」で検索して来られた方は、
もしかしたら、こっちの一括変換機能を使ってのペナルティー判定を
怖がっているのかもしれませんね。

まあ、この一括変換機能は、サイトアフィリエイトをする上で、
とても重宝する機能です。

どんな機能なのか、という事については、こちらも公式の販売ページ
見て貰えば、分かります。

そして、僕自身、小規模サイトやコンテンツサイトを作る上で、
まずは、キーワードだけを押さえて、記事そのものは、
一括変換機能で出来た記事をアップしています。

その後、検索上位に上がってきたページだけを正書し直すという感じです。
そして、驚くことに、この一括変換機能を使ったサイトも、
今までに、ペナルティー判定を受けて圏外に飛ばされた事はありません。

ただ、Google検索エンジンのペナルティは、低品質なコンテンツと
認識されることで、ペナルティを受ける事もあるので、
貴方のサイトも同じように、ペナルティを受けないという保証はしません。

・・・と、ここまで、リライトツール「メインサイトリライター」を使用してのペナルティ
について、解説してきました。
結論を言うと、普通に使っていたり、少々危ない使い方をしていても、
ペナルティを受ける心配はない、という事になります。

 

参考記事

その他のメインサイトリライターの使った感想やレビューについては、
こちらの記事を参考にして下さい。

【メインサイトリライター】 レビューとリアルな感想!

【フル活用】メインサイトリライター(MSR)の一括変換